シュミレーションの大切さ

既存平面図

 

今回の改修は玄関からのアプローチを考えるのと

トイレ・浴室がメイン

大変そうなのは玄関からのアプローチ

スロープは原状復帰を考えると、外部に【通路部分】設けるのが良いのではないだろうか

との意見でまとまった

キャスター上げで越えられる高さは40mmとのことで、玄関框が現在70mm

入口にさらに20mmの段差がある、トータル90mmの段差

 玄関框のところをを30mm嵩上げして40mmにする

入口に20mmの段差があるので残りの段差50mm

外部に50mmの高さの踊り場を造り玄関の高さと合わせる

巾は910mm長さ1,200mmでシュミレーション

50mmの段差も25mmの二段に分割 最初の段差25mmに

【最初は高さ50mm長さ1,500mmのスロープで検討】

工事前

 

巾910mm長さ1,200の二段、25mmと50mm

 

40mmを越えれる手段

工事前

 

最初スロープの予定だったが、25mmなので難なくクリア

工事前

 

50mmもいけそうだとのことで次の手を考えるのと

「Mさん」今日の体調は良い方、悪い方

悪い方ですとの事  良かった

調子が良い時に調べても、悪い時に出来ない事が多い

さすがに、キャスター上げはきつそう

 

 工事前

 

 

 

これでどうだろう

 

ちょっときつそうかな

工事前 

 

さらなる次の手を試す

 楽々クリア

 

これが出来たら外部の踊り場は要らないのではないだろうかとのことで

次を考える 

 

工事前

 

結論が出ました、巾は200mm

車椅子での寄りつきにスロープが邪魔にならないとの事

 

鍵の開閉も大丈夫上がり降りもスムーズです

工事後

 

いろんな事を試すうちに他の人の迷惑を最小限にするようにできた

 

スロープが動かない様にする工夫も 

工事後

 

ドアーの縦枠に切り込む

 

スロープに段があるのは、建具の開閉巾を越えるためのスロープの厚みを確保するため

 

スロープの変形を考慮して国産材の集成材を使ってます

 

 

 

工事前

 

玄関内部も良さそう

細部を検討して  OK  方向性が出ました

 

あとトイレの移乗台の高さ、床の仕上げ材、広さ、便器との空・・・

浴室はシャワー浴で対応する事に・・・・

あともろもろ

自立出来ます!細部は再度確認です

工事後

 

玄関に車椅子が完全に入ってます

鍵の施錠も大丈夫

 

この後写真に向かって左側にキックプレートを取り付ける

工事後

 

内部から外部を見る

 

壁にキックプレート交換できるようにビス止め、ビスは最小限に

工事後

 

全体の様子

 

通路から部屋内部までの状態

 

工事後

 

スロープを操作するための紐の状況

 

向かって右側の紐は、マグネットでドアー枠に留めるようにした

 

左側の紐は最初は左側の手摺に結んでいたが

 

取っ手に固定する事で紐が外部からの操作が楽になった

 

 

工事後

 

ドアーをあけた状態溝をふさぐスロープは部屋内に倒れてる

 

左右どちらの紐でも溝をふさぐスロープが操作できる

 

入るときと、出るときで利き手の方向が違うので、両方使えるように」

 

工事後

 

ドアーの取っ手に付けた紐はドアーについて移動するので出入りの邪魔にならない

 

紐の特性も確認しないと、紐がもつれてしまう

 

右手で、溝をふさぐスロープを操作している

 

工事後

 

 

建具の通る場所のふさぎ用スロープの建具の方は斜めに切って

 

蓋をする際に建具を押し開く様にしてる

 

工事後

 

準備出来ました

 

紐に注意しながら行ってらっしゃい

 

自身で外出が出来るようになりました、お出かけです

工事後   外部からドアーを締める

 

ドアー前のスロープと、建具が通るところの隙間をふさぐスロープ

外出時外部から操作できる

取っ手に付けてる紐が近いのでとりやすい

 

手前のスロープ巾が車が乗らず良い感じ 

工事後

 

建具を締める 為にわたるためのスロープを引き上げ

 

内側に倒す、建具が自閉

工事後  ドアーが閉めつらいとのことで   考えた・・・

 

指も入るし危険性も少ない  かな?

 

トイレ・洗面所引き戸取っ手が小さいのでカーテンのフサを代用戸を閉めるときに便利