使えるといれの環境

自力でトイレを使えるようにするための努力

 

計画段階では両方を同じ手すりの状態で計画

向かって左の方は丸い方が使いやすいとの事で変更

〔身体の機能変化に対応できるような造りも必要かな〕

 

右側の手すりに身体を預けて便器に移乗

 

手すりの高さ・巾・すべり具合・便器からの出幅・縦部分からの上部の板の出具合

最初の計画手すり、この段階でも左右の手すり高さの違い

 

電動車椅子から自力で便器への移乗が出来ること

洗浄便器のスイッチが使えること

〔リモコン便器への機種変更は出来ない〕

タンクの水が流せること

他の人も使えること

タンクレバーを動かす

壁の方にスプリングをつける

〔日曜大工店さんを活用〕

 

手すりの下のほうを通した紐、邪魔にならないように

紐の大きさ、柔らかさ使いやすさも確認

紐の握りやすさも、紐の先に握りやすいものを取り付ける

 

ペーパーのとりやすさも考えて

 

手すりの上にあるのは、滑り止めマット

洗浄ボタンを押すための補助具

 

身体を右の方にひねれることも確認

 

補助具の先に滑り止め

丈夫で長さが合うもの

 

今回は市販のねじ回しが使いやすくて、安価

 

落としても、紐を引き上げると大丈夫

スイッチの握りおおきさを確認するための部材